九州鹿児島県の手作り減塩麦味噌はふんわりとした甘みが特徴で人気

和食(ごはんとみそ汁)

日本の味噌

味噌は発酵調味料の1つで、和食に欠かせませんよね。

味噌は地域色が豊かな調味料ということもあり、日本の味噌メーカーはマルコメやハナマルキといった大手から、地場の味噌メーカーまで含めると1,000社以上はあるようです。

地域によって味の嗜好が異なることもあり、食品製造の集中、大規模化が進む今日でも、地場に根をおろした歴史ある醸造所が数多いのが味噌業界の特徴です。

味噌の種類

味噌の原料に使う麹は「大豆」「米」「麦」と違いがあり、「豆味噌」「米味噌」「麦味噌」「調合味噌」に大別されます。

関東から東北にかけては、赤褐色の辛口「米味噌」を作る地域が多いようです。

関西や瀬戸内海で作られる「白味噌」は麹歩合が高く、甘みが強く塩分が少ない傾向があります。

九州では麦麹で作る「麦味噌」が代表的で、これも甘みが強い傾向があります。

麦味噌

味噌

麦麹を使った「麦味噌」の生産地は九州、愛媛県、山口県が有名です。

麦味噌は全国で「5%」程度しか生産されていません。九州地方は温暖な気候のため、味噌の熟成期間が早く、甘口が多いのが特徴です。

麦味噌の中で、鹿児島県産の麦味噌は麹の割合が多く、発酵期間は1ヶ月前後と短めです。これは麦特有の柔らかく優しい甘みが特徴です。甘みが強い味噌は塩分が少ないため、減塩を意識している人にとって気になる味噌ではないでしょうか。

鹿児島の麦味噌

鹿児島県で創業89年の吉永醸造店が作り出す味噌は全て手作りです。3代目が日々、五感をフルに使って製品を製造しています。

効率性が求められる時代ながら、3代目が目の届く範囲内で手間をかけて味噌と向き合っていることからも、味噌に製造者の愛情がぎっしり詰まっているようです。

安心の国産大豆

丸大豆

大豆の国内自給率は2015年時点で7%です。それ以外は輸入物です。遺伝子組み換えの問題が叫ばれる中、吉永醸造店が作る味噌は国産大豆を使用していますから安心できますね。

チェックボックス 安心の国産大豆(福岡、熊本産)佐賀県の麦岡山県産の塩を使用

チェックボックス 麹は生き物だから、こだわりの手作り味噌

チェックボックス 温暖な鹿児島で発酵させた「生みそ」

チェックボックス 短期熟成だから独自の麹の香り、麦の甘み

チェックボックス 受注後、手作業で丁寧に袋詰め

すり味噌

[コクのある麦の甘さ素朴な鹿児島の田舎麦みそ 生みそ南州味噌(すり)1kg]

ふんわりとした甘みが特徴の鹿児島麦味噌。ヨシビシの麦みそは、発酵期間が一ヶ月前後で、加熱処理を行わない生のみそなので麹の香り、麦の甘さが引き立ちます。スリみそは、お手軽に料理にお使いいただけます。(国産大豆、国産麦使用)

New window icon コクのある麦の甘さ素朴な鹿児島の田舎麦みそ 生みそ南州味噌(すり)1kg

[コクのある麦の甘さ素朴な鹿児島の田舎味噌 南州味噌(すり)5kg]

鹿児島の麦味噌は、熟成期間が短いため、 麦麹の麹の甘み、風味が味わえます。 南州みそは、国産大豆、国産麦を使用し、鹿児島の温暖な気候で発酵させた、昔懐かしい田舎みそです。麦味噌ならではの、麦の甘み、短期熟成ならではの、麹の風味、 鹿児島の風土が育てた、飾らない、素朴でありながらコクのある味を味わえます。すりみそは、かすが出ませんので、お手軽にお使いいただけます。(国産大豆、国産麦使用)

New window icon コクのある麦の甘さ素朴な鹿児島の田舎味噌 南州味噌(すり)5kg

つぶ味噌

[コクのある麦の甘さ素朴な鹿児島の麦味噌 南州味噌(粒)1kg]

南州みそ(粒)1kgを蔵出し直送!ふんわりとした甘みが特徴の鹿児島麦味噌。鹿児島の麦みそは、発酵期間が一ヶ月前後なので、麹の香り、麦の甘さが引き立ちます。粒みそは、麦の食感が味わえます。(国産大豆、国産麦使用)

New window icon コクのある麦の甘さ素朴な鹿児島の麦味噌 南州味噌(粒)1kg

[コクのある麦の甘さ素朴な鹿児島の麦味噌 南州味噌(粒)5kg]

南州みそ(粒)5kgを通販で蔵出し直送。ふんわりとした甘みが特徴の麦味噌。鹿児島の麦みそは、発酵期間が一ヶ月前後なので、麹の香り、麦の甘さが引き立ちます。粒みそは、麦の食感が味わえます。 (国産大豆、国産麦使用)

New window icon コクのある麦の甘さ素朴な鹿児島の麦味噌 南州味噌(粒)5kg

[関連記事]

味噌と醤油は西へ行くほど甘くなります。特に、九州地方は温暖な気候のため熟成期間が早く、甘口醤油が多いのが特徴です。鹿児島の甘口醤油は生産量が少ないレア物。蔵元の職人が生み出す手作り醤油は食通の間で人気が高く、お取り寄せ通販で試してみたい。
本物の醤油と醤油もどきの偽物の違いは何でしょう。まず、味がまるで違います。醤油の製造方法は3種類に分けられ、ラベル表示を確認すれば明白です。醤油には、遺伝子組み換え品の表示義務がありませんから、製法と価格で安心なものを選びたいですね。
あらゆる食品に遺伝子組み換え食品GMOが混入している言われます。日本では、GMOの混入率が5%未満であれば、"遺伝子組み換えでない"と表示できます。実は、多くの日本人はGMOを口に入れているのです。では、GMOを避けるにはどうすれば?詳細はこちら。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク