マヌカハニーの効能と効果的でおすすめの食べ方-UMFとMGOの違いは?

マヌカハニー

マヌカという樹木

マヌカとは、ニュージーランドだけに自生する高さ6~8メートルほどのフトモモ科の樹木です。ミツバチがマヌカの白い花から密を集めてきて、出来上がった「はちみつ」がマヌカハニーと呼ばれます。

ニュージーランドのマヌカの木

マヌカ

マヌカハニーには、普通のハチミツには入っていない抗菌、殺菌成分が含まれ、現地では古くから民間療法で用いられてきました。

ニュージーランドの先住民の間では、マヌカは「復活の木」と呼ばれています。

マヌカハニーとは?

マヌカハニー

マヌカハニー

マヌカのはちみつは濃い褐色でスパイシーな風味が特徴です。マヌカハニー抗菌力が高いのが特徴で、薬効効果は、はちみつの中でNo.1と言われます。

ニュージーランド国立ワイカト大学の研究チームによると、マヌカハニーだけが持つ特別な抗菌活性が確認されています。1994年、マヌカハニーがピロリ菌に対して作用があると発表されました。その後、国際的に大きな注目を集めています。

マヌカハニーに期待できること

  1. 殺菌
  2. 胃腸環境を整える
  3. 喉のイガイガや痛みの緩和
  4. 風邪の予防
  5. 口内炎

UMFとは?

マヌカハニーの中には、ラベルにUMF(Unique Manuka Factor:ユニーク・マヌカ・ファクター)と書かれています。

このUMFは抗菌活性を示します。UMFはマヌカハニーを選ぶ際の基準の1つです。

UMFは、殺菌力を数値化したものです。

UMF20+の場合、マヌカハニーの殺菌効果は濃度20%のフェノール溶液と同等という意味。

しかし、この測定方法は誤差が大きいのが欠点です。つまり、UMFだけを参考指標にすると、マヌカハニーを正しく選ぶことができない問題があります。

そこで、マヌカハニーのより正確な指標として、MGO®が使われています。

MGO®とは?

MGO®(Methylglyoxal:天然メチルグリオキサール)とは、強い抗菌活性作用を持つ物質です。このMGO®は、株式会社TCNによって日本国内で商標登録されています。

MGO®は、天然メチルグリオキサールの含有量を意味します。

TCNさんのマヌカハニーのラインアップは、

「MGO® 720+」、「MGO® 860+」、「MGO® 900+」、「MGO® 1100+」。

MGO®に続く赤い数字は、マヌカハニー1,000gの中に、MGO®(メチルグリオキサール)が何mg含まれているかを意味しています。

「MGO® 720+」でしたら、マヌカハニー1,000gの中にMGO®が「720mg」含まれています。

マヌカハニーの食べ方

マヌカハニーは、はちみつです。

しかし、マヌカハニーは、はちみつの中でも生産量が少ない特別なはちみつ

ですから、マヌカハニーは普通のはちみつとは「食べ方が違う”はちみつ”」と捉えた方がいいでしょう。

以下は、マヌカハニーが持つパワーを最大限に体に取り入れる食べ方です。

1日、1~3回程度

  • スプーン1杯のマヌカハニーを1日、1~3回ほど食べます。

空腹時に食べる

  • マヌカハニーの抗菌力とパワーを体内で効果的に吸収するためには、空腹時に食べるのがベストです。

そのまま食べる

  • マヌカハニーのパワーを最大限に活かすためには、そのまま食べるのがベストです。

熱を加えない

  • 料理でマヌカハニーを使うと、熱によって栄養素が減少します。

金属製以外のスプーンを使う

  • 金属製のスプーンを使うと、マヌカハニーが持つパワーが低下します。金属製以外のスプーン等を使用することで、マヌカハニーの栄養素をそのまま食べることができます。

このように、マヌカハニーを食べる時は、普通のはちみつとは違う知識が必要ですね。それだけ、マヌカハニーは特別な”はちみつ”です。

マヌカハニーの選び方

一般的な「はちみつ」には、どれも殺菌効果があります。

それらのはちみつの中で、マヌカハニーの殺菌力は非常に高く、中にはMGO® 1100+といった桁違いの品質を持つ「超」マヌカハニーも流通しています。

MGOの数値が高くなるほど生産量が少なく、価格も高くなります。マヌカハニーは「はちみつ」ではありますけど、普通のはちみつとは違う目的で食べることで、上手にマヌカハニーと付き合っていくことができます。

ライト感覚なマヌカハニー

2,000円台からのマヌカハニー。初めてマヌカハニーを試される方にピッタリです。

バナーのリンク先で、複数の商品が紹介されています。UMFやMGOに続く数字が大きくなるほど、殺菌力が高くなります。

マヌカハニーUMF 5+(250g)

マヌカハニーUMF 10+(250g)

マヌカハニーMGO 300(250g)

マヌカハニーUMF 15+(250g)

マヌカハニーUMF 20+(250g)

マヌカハニーMGO 300(250g)



マヌカハニーの愛用者向き

ニュージーランド固有のマヌカから採集されたマヌカハニー。濃厚な色合いとクリーミーな甘さが特徴です。更なる実感を求める方でしたらこちら。

マヌカハニーMGO 30+(250g)

マヌカハニーMGO 100+(250g)

マヌカハニーMGO 250+(250g)

マヌカハニーMGO 400+(250g)

マヌカハニーMGO 550+(250g)



マヌカハニーの最高峰、ストロングマヌカハニー

TCNのストロングマヌカハニーのラインアップは

「MGO® 720+」

「MGO® 860+」

「MGO® 900+」

「MGO® 1100+」

究極のマヌカハニーを追及するなら、TCNがあまりにも有名です。

ストロングマヌカハニーMGO® 720+(500g)

ストロングマヌカハニーMGO® 860+(500g)

ストロングマヌカハニーMGO® 900+(500g)

ストロングマヌカハニーMGO® 1100+(500g)



※ご注意:1歳未満の乳児は、はちみつを召し上がることができませんのでご注意ください。

[関連記事]

ミツバチがジャングルに巣を作り、その巣から採蜜した"はちみつ"は百花蜜でジャングルハニーと呼ばれます。ジャングルハニーは普通の"はちみつ"と比べて、ビタミンは6倍、ミネラルは3倍以上の高い栄養素が特徴。美容食、お肌のパック用として最適。
働き蜂も女王蜂も、同じ受精卵から孵化します。ハチは孵化後、最初の3日間はローヤルゼリーが与えられます。その後も、ハチに与え続けると女王蜂になります。このローヤルゼリーに含まれるアピシンは老化防止の効果があることが実験によって分かっています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク