カンガルーポー/エキストラバージンオリーブオイルはギフトにも最適

カンガルーポー・エキストラバージンオリーブオイル

オリーブオイルはピンキリの世界です。

透明のペットボトル入りで妙に安く、大丈夫かな?と思うようなオリーブオイルから、高級品まで様々。

今回、管理人の家に届いたオリーブオイルは「カンガルーポー/KANGAROO PAW、エキストラバージンオリーブオイル」。これは、良質なエキストラバージンオリーブオイルです。

カンガルーポー/KANGAROO PAW-エキストラバージンオリーブオイル

豪華な化粧箱入り。こんな、パッケージです。

カンガルーポー・エキストラバージンオリーブオイル

KANGAROO PAW Extra Virgin OLIVE OIL

カンガルーポー・エキストラバージンオリーブオイル

ギフトにもピッタリなオリーブオイルですね。遮光性を考えて、ブラック系の化粧箱が使われているのでしょうか。

そして、箱を開けてご対面。

kangaroo-paw/カンガルーポー、エキストラバージンオリーブオイル

なんか高級感が漂っていますね。ボトルは濃色ガラスの遮光ビンです。

ラベルには、このようにプリントされています。

“KANGAROO PAW

Australian
Extra Virgin OLIVE OIL
cold pressed

250ml”

メーカーさんのオフィシャルサイトはこちら。

完売しました。

「酸度」0.4%未満&コールドプレス製法

カンガルーポー・エキストラバージンオリーブオイル

カンガルーポー・エキストラバージンオリーブオイルは「酸度」0.4%未満。そして、コールドプレス製法で抽出されています。

Made in オーストラリア

サウスオーストラリア州の300エーカーのオリーブ畑に5万本のオリーブの木が生育しています。

収穫されたばかりの新鮮なオリーブの実を8時間以内にコールドプレスして、抽出されたオイルがカンガルーポー。

コールドプレス製法とは?

コールドプレス製法とは、抽出時に人工化学物質は一切未使用。

オリーブの実に物理的な圧力を加えて潰すことで、オイルを抽出する製法です。この製造プロセスで30℃以上の熱が発生しないように管理されています。

オリーブの実が熱を持つと、オリーブオイルの劣化が進み、鮮度と香りが落ち、天然成分が破壊されてしまうのです。

手間と時間はかかりますけど、品質を考えたらコールドプレス製法がベストということですね。

カンガルーポーの味わい方

今回、我が家に届いたカンガルーポーは良質なエキストラバージンオリーブオイルですから、非加熱で味わうのがベストですね。例えば、

・パン

・サラダ

・スープ

・パスタ

・チーズ

その他、キュウリやトマトに少しオリーブオイルをつけて味わいます。

カンガルーポーの風味

カンガルーポー・エキストラバージンオリーブオイル

オリーブオイルは産地やオリーブの木の種類等によって、色が微妙に異なります。カンガルーポー・エキストラバージンオリーブオイルは、やや黄色がかった色です。

それでは、キャベツサラダにカンガルーポーをかけてみました。

カンガルーポー・エキストラバージンオリーブオイル

カンガルーポー・エキストラバージンオリーブオイル

第一印象として、カンガルーポー・エキストラバージンオリーブオイルは、あっさりした風味です。オイルが口の中に浸透していくような感じで嫌味な味は一切ありません。

とても自然な味わいで、品があるところが特徴です。

エキストラバージンオリーブオイルは美容と健康に最適なオイル。毎日の食生活に、是非オリーブオイルを摂り入れたいですね。

今回、届いたカンガルーポー・エキストラバージンオリーブオイルは、良質なオイルで自然な味わい。

ギフトでも喜ばれると思いますね!

詳細はカンガルーポーのオフィシャルサイトにて。

[オーストラリア産エキストラバージンオイル]
酸度0.4%未満。30℃未満の温度でコールドプレス製法。

完売しました。

[関連記事]

オリーブオイルと他の食用油の決定的な違い。それは、オリーブオイルはオリーブの実を搾って油分と水分を分離させるだけで、化学的な工程がありません。せっかくオリーブオイルを買う以上、本物のエキストラ・バージンオリーブオイルを選び方を紹介します。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク